Skip to content

FOOTBALL ACADEMY フットボールアカデミー

Home » FOOTBALL ACADEMY

CLUB CONCEPT - クラブコンセプト -

DREAM

スローガン

3 MISSIONS - 3つのミッション -

LIFE STYLE

子どもたちが世界に通用する若者に育つように、スポーツ体験の中から人生に必要なライフスキルを持った人間を育みます。

COMPETITION

選手たちが将来どこへ行っても通用するサッカー選手となるような環境を創ります。試合の勝ち負けにこだわりすぎず、いかに大きく成長するかを第一の目標とし、夢や目標に向かって競争しながら努力できる選手を育成します。

スポーツの力で地域を元気にします。スポーツ環境の整備をし、地域の方が生涯にわたりスポーツを楽しみ、仲間づくりのできる環境を提供します。

3 FEATURES - 3つの特徴 -

専門性の高い
コーチ陣

設備が充実した
グラウンド

小人数制で
一人一人にあった指導

カルぺソールのアカデミーは、ジオゴ・サントス・岡田ヘッドコーチを筆頭に
国際色豊かなプロコーチの専門的な指導のもと、本格的にサッカー技術の向上を図り、
チャレンジする子ども達の成長を支えるフィールドを提供しています。

カルぺソールのアカデミーは、ジオゴ・サントス・岡田ヘッドコーチを筆頭に国際色豊かなプロコーチの専門的な指導のもと、本格的にサッカー技術の向上を図り、チャレンジする子ども達の成長を支えるフィールドを提供しています。

PHILOSOPHY - 育成理念 -

カルペソール湘南は、計画的な指導の元、長期的な視野にたってサッカー選手を育成します。
人間の器官・機能の発達速度は一様ではないため、ある課題に対して非常に吸収しやすい時期としにくい時期があります。
その「最も吸収しやすい時期」に適切な課題を与え「後の発達の妨げとなる要因を取り除く」タイミングを見極めるために長期的視野が大切です。
各クラスごとに個々の成長レベルや各年代のトレーナビリティー・特徴を考慮し、各年代に応じた指導を行います。
正しくサッカーを学びながら選手の個性や創造性を伸ばし、クラブ活動を通して社会性や豊かな人間性を養い、自立した行動のできる選手を育みたいと考えています。

GUIDANCE CONCEPT - 指導コンセプト -

1. フィジカル

カルペソール湘南スポーツクラブ_技術

人間の器官・機能の発達速度は一様でないため、ある課題に対して吸収しやすい時期としにくい時期があります。最も吸収しやすい時期に適切な課題を与えていきます。

2. 技術

カルペソール湘南_技術

試合のさまざまな場面で必要となってくるタスクを想定し、その場面ごとに状況判断・実行できる技術を習得します。

3. 戦術

カルペソール湘南スポーツクラブ_戦術

守備・攻撃・カウンターの基本理念を正しく指導します。個人戦術を活かすためのグループ戦術・チーム戦術の重要性を理解させ、9年間の一貫指導でカルペソール湘南スタイルを確立します。選手を型にはめることなく、個性や創造性を大切にしていきます。

4. メンタル

カルペソール湘南スポーツクラブ_メンタル

各年代において持つべき自律心・自信・責任感を身につけると同時に、スポーツを続けていくうえで弊害となる、恐怖心や不安・怠慢といった年代特有の問題の改善を行います。

5. 社会性

カルペソール湘南スポーツクラブ_社会性

クラブの活動を通してクラブの一員であることを自覚し、その中で協調性や規律・責任感を養います。また、支えてくれる方へ感謝できる人間を育成します。

COACH - コーチ -

ジオゴ・サントス・岡田

岡田 サントス ジオゴ

Diogo Santos Okada

ヘッドコーチ

ブラジル出身。UNIFMUサンパウロ大学大学院にてスポーツ科学やパーソナルトレーニングを学ぶ。
SEパルメイラスのフットサルチームを含む複数チームでプレーする一方、ACナショナルU11・10(サンパウロ州1部リーグ監督)UNIBANサンパウロ大学生理学研究所でプロスポーツ選手のパフォーマンステスト等を担当。

鈴木 誠

鈴木 誠

Makoto Suzuki

コーチ

小学生の頃サッカーをはじめ、中学・高校ではGKを務める。
東京スポーツ・レクリエーション専門学校では解剖学・運動生理学・栄養学・スポーツ心理学を学び、2000年から横浜かもめスポーツクラブでU-12・U-10・U-8の指導にあたる。
2007年、総合型地域スポーツクラブNPO法人横浜かもめanimaクラブの設立に携わり、同クラブ理事・事務局長に就任。

松尾 康佑

松尾 康佑

Kosuke Matsuo

コーチ

愛媛県出身。6歳の時にサッカーを始め、 中学時代、神奈川県への引っ越しをきっかけに横浜F・マリノスに入団し、ジュニアユース、ユースと6年間プレー。 その後、東洋大学に進学し、体育会サッカー部で、関東大学サッカーリーグ2部リーグ至上最速優勝を果たす。 大学卒業後、スポーツマネジメントの会社設立を経て、サッカー事業を展開する株式会社ファンルーツに入社、2016年9月よりカルペソール湘南のコーチに就任。